習近平氏がBCを「フェイクニュース対策に利用できる」と称える

138814522_s.jpg

 中国の習近平国家主席がBC(ブロックチェーン)技術に関して新たな支持を表明し、同国でほぼ8万1000人に感染した新型コロナウイルスの拡大を止める努力を助けているBC技術の能力を称えた。

 習氏は19年10月にBC技術への支持を表明しており、これは一連の政府によるイニシアチブおよび民間ビジネスの活動を刺激し、最終的にビットコイン<BTC>の価格上昇に寄与した。

 11日に中国共産党のスタディ・タイムズに掲載された「世論を支持するためにテクノロジーイノベーションをどのように活用するか」と題された記事で、習氏はBCおよびその他のインダストリー4.0・イノベーションは統治活動に統合されるべきであると述べた。

 習氏はBCのような新興技術は政府を様々な方法で、特に新型コロナウイルスとの闘いにおいて助けることができると述べた。

 習氏はデジタル技術は「政策の導入を支援する」ことに加えて、「社会問題の状況を判断する」ことおよび「円滑なコミュニケーションを確保する」ために利用されるべきであるとも述べた。

 地域によっては、「職員、コミュニティ、道路、都市地域の安全を確保する」ために、リアルタイムでのデータ監視及び追跡がすでに導入されている。

 また、習氏はリアルタイムでのデータ共有及び監視は政府が「不適切で偽の情報」を排除するのに大きく役立ったと述べた。

 習氏は以下のように述べた。

 「情報テクノロジーは集団の知識、考え、ライフスタイル、さらにはより広範な社会発展までも変化させ、再形成するのに有効であることが分かっている」

 BC及びその他のインダストリー4.0の進展は中国政府によって、政府の監視及び検閲能力を強化することを可能にする道具として利用されると批判している者もいる。

 中国は新型コロナウイルスの発生を受けて、ジョージ・オーウェル式の監視及びオンライン検閲活動を強化している。

 しかし、反対意見と怒りは中国のウェブユーザーの間で発生しつつあり、反抗的なネット市民は検閲を受けていないメッセージを熱心に広げようとしており、また、いくつもの独創的な方法で検閲を逃れている。

 バズフィードの報道によれば、内部告発を行った医者からのメッセージは、ウィーチャットのようなチャットアプリ・プラットフォームでの検閲を避けるために、サイファイ・テレビドラマシリーズのスタートレックで利用される架空の言語であるクリンゴン語に翻訳された。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/xi-praises-blockchain-again-says-it-can-be-used-to-fight-fak-6014.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて