ジョージア、BC通じ経歴の追跡、確認をする初めての国

91362118_s.jpg

 ファッション、教育、食べ物や健康、医療や政府選挙であれ、ブロックチェーン(BC)は様々な分野でその効率性を証明してきた。

 DLT(分散型台帳技術)分野での最新のニュースでは、ジョージアは公共事業でのブロックチェーン技術の利用により経歴の蓄積、追跡、確認のために第3世代カルダノブロックチェーンの技術の使用を促進する初めての国である。

 チャールズ•ホスキンソン氏により先導された、ブロックチェーン研究と開発の会社IOHK(インプット•アウトプット•香港)は、ジョージアが教育分野で次世代の資格証明システムを構築する協力している。

 ジョージアのIOHK代表ジョージ•シェキラーゼ氏は、学歴証明事業は教育と人材派遣業界に合法性と利便性をもたらすだろうと言及し、次のように述べた、

 「今日私たちは一元化データシステムを使用している。それはどういう意味か?デジタルのデータは特定のサーバー、クラウド、誰かのコンピュータに蓄積されている...これと違い、ブロックチェーンはデータを1つの場所だけでなくいくつかの場所に蓄積することを可能にする」。

この計画はジョージアの大学や学校にブロックチェーン技術を通して成績、資格や証明書を蓄積、証明することを可能にするだろう。実際、未来の雇用主はプラットフォームを通して個人の学歴を確認することができる、現在の長い、費用のかかる、手動の過程を通すことなく。

 IOHK、ジョージアの教育省、フリー大学とトビリシのビジネスと技術大学は2019年6月に基本合意書に署名し、この計画は2020年6月までに完成する予定だ。興味深いことに、IOHKは最近ワイオミング大学にも研究センターを設立した。カルダ<ADA>仮想通貨で5000万ドルの募金、新しい研究所は発表された。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/georgia-first-country-to-track-verify-educational-credentials-via-blockchain/

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて