ETH活用プラットフォーム、新型コロナの封鎖で新たな顧客獲得か

42998196_s_教育ネットワーク.jpg

 あるオンライン教育提供会社が、新型コロナウイルスによる封鎖や隔離で自宅待機している学生と教師に対し、新しく建設的な何か、すなわちBC(ブロックチェーン)技術と仮想通貨に関する知識とスキルの学び直しを提供すると発表した。

 イーサリアム<ETH>BC上のオンデマンド教育・雇用市場を名乗るODEM<ODE>の報道発表によると、同社は「学習者や教育者、そして全ての教育機関での教育の混乱を懸念している」ため、「安全に学校に戻れるようになるまで」BC技術を用いたオンライン総合学習プラットフォームと資格管理システムを学生と教育者が無料で利用できるようにしているという。

 同プラットフォームは、仮想通貨をテーマにしたコインテリジェンス・アカデミーをロンドンで運営している。

 ODEMには「ビットコイン<BTC>、BC、仮想通貨入門」、「仮想通貨取引プラットフォーム、ビットフィネックス入門」、「業界をBCに備える」といった講座がある。また、リーダーシップ、コミュニケーション、ネゴシエーションなどの講座も存在する。

 同社は、今回の取り組みは「基本的な教育権の中断を緩和する」ものだと述べた。

 一部の学校や大学では、スカイプといったアプリのビデオ会議機能を使ってオンライン講座を開催し続けているが、欧州、中東、東アジアでコロナウイルスに関連した学校閉鎖が続く中、世界中の多くの学校はオンライン学習を提供する準備が整っていないと語っている。

 17年創業のODEMは、166カ国で3万人のユーザーを持ち、世界中の雇用者や大学、学校と提携しているという。

 19年11月に報じられた通り、BC対応経済におけるデジタルトークンの役割に関する新たな教育モデルを導入するため、ビットフィネックスはODEMと提携した。

 一方、3月には中国成都市のある大学が、国内初のBC工学部を開設し中国で初めてBC技術の学士課程を提供する予定だと発表した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/this-ethereum-based-platform-might-get-new-clients-thanks-to-5990.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて