<今日の仮想通貨市況>売り優勢―G7声明、米緊急利下げ共に空振り

G7_17960441_s.jpg
 4日午前10時10分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン<BTC>が1BTC=94万3427円(過去24時間比1.52%安)、イーサリアム<ETH>が1ETH=2万4250円(同2.23%安)、XRP<XRP>が1XRP=25.1円(同2.16%安)など売り優勢となっている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を背景に世界経済の減速感が強まる中、G7(主要7カ国)財務相・中央銀行総裁の緊急電話会議が開かれるとの報を受け、BTCをはじめとする主要仮想通貨は3日序盤に持ち直した。その後、G7電話会議が行われ声明が示されたものの、新型ウイルス対処への具体策が盛り込まれず、失望感が広がった。さらに、FRB(米連邦準備制度理事会)が臨時会合を開き、0.50ポイントの緊急利下げを決定したものの、懸念払しょくには至らず、G7声明、米緊急利下げ共に空振りに終わった。逃避資金が米国債に流れ、米10年債利回りが1%割れとなる中、主要仮想通貨は上値の重たい展開となっている。

 このほか、フェイスブックが主導する仮想通貨リブラ計画を一時中止し、新たなステーブルコインを発行する方向で計画するようだと伝わったことなどが話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて