<今日の仮想通貨市況>しっかり、G7の協調行動期待でリスク回避姿勢和らぐ

G7_130338438_s.jpg
 3日午前9時25分現在のビットコイン<BTC>は1BTC=96万円前後(過去24時間比4.5%高)、イーサリアム<ETH>が1ETH=2万5000円前後(同5.9%高)、XRP<XRP>が1XRP=25.5円前後(同5.0%高)などとなっている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を背景に世界経済の停滞が見込まれる中、G7(主要7カ国)の財務相と中央銀行総裁が3日に緊急の電話会議を開くと報道。協調での金融緩和や財政出動などへの期待から、リスク回避姿勢が和らいだ。

 このほか、楽天関連会社の楽天ウォレットが運営する仮想通貨交換所で仮想通貨の証拠金取引サービス(レバレッジ取引)を今春から開始すると発表。ドイツでは金融規制当局がビットコインなどの仮想通貨を「金融商品」とみなす新たなガイドラインを公開した。また、リップルのブラッド・ガーリングハウスCEO(最高経営責任者)が海外メディアのインタビューで、「XRPを売却していなければ利益を出せない」と述べたが、XRPに目立った動きはみられなかった。リップルによるXRP売却に対し、批判的な見方をする向きもある。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて