米国初 法律に基づく仮想通貨銀行「アバンティ」誕生へ 2021年前半に開業を予定

91362439_s_usa.jpg

●米国初の、法に準拠した仮想通貨銀行
米国ワイオミング州で、法的規制に準拠する米国初の仮想通貨銀行が誕生する予定であることが分かった。

仮想通貨銀行の名前は「Avanti(アバンティ)」、ブロックチェーン開発企業のブロックストリームと提携し、仮想通貨市場に参入したい機関投資家にサービスを提供する予定だ。

創設者は、ウォール街とブロックチェーン業界で経験を積んだケイトリン・ロング。「多額の機関投資家の資金」が仮想通貨やデジタル資産市場に参入するのを支援する「アバンティ」の設立計画として発表した。2021年中までの開設を目指している。

アバンティは、カストディの厳格な基準に合致する米ドルの決済システムと仮想通貨のカストディアンを繋ぐ橋となることを構想しているとウェブサイトで発表した。

"5/For various regulatory reasons, existing US banks & trust companies can't provide optimal services to #crypto. Avanti plans to break that logjam & thereby help keep the US from falling behind other countries whose regulated banks are already serving institutions in this mkt.

-- Caitlin Long  (@CaitlinLong_) February 24, 2020"

さまざまな規制上の理由から、既存の米国の銀行および信託会社は仮想通貨に最適なサービスを提供できない。アバンティは、その状況を打開し、規制された銀行がすでに機関サービスを提供している他の国々に、米国が遅れをとらないようにする予定だ。


●特別目的預託機関(SPDI)という地位
アバンティは、特別目的預託機関(SPDI)として運営される。SPDIとは、ワイオミング州議会が昨年に新しく金融機関の地位として制定したもので、仮想通貨スタートアップがカストディ機構として機能できるようにする。

また、アバンティは連邦政府による顧客身元確認ルール(KYC)、反マネーロンダリング対策(AML)、テロ資金調達対策法を遵守する形で、運営を行う。

ロング創業者によると、ワイオミング州の法律により、顧客は一時的に仮想通貨の保管をサービス提供者に託すものの、法的な所有権は保持できる。

つまりサービス提供者は、預かった資産を貸し出すことはできず、万が一銀行が破綻した時にはすみやかに顧客は自分の資産を取り戻すことができる仕組みだ。

アバンティとブロックストリームのパートナーシップを通じて、まずはビットコインを用いたアプリケーション、ソフトウェア、およびハードウェアに焦点を当てる。今後は、ビットコイン以外の仮想通貨やデジタル資産にも提供するサービスを拡充する予定だ。

法人団体設立申請の準備中であり、来年の早い時期に開設を目指している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://coinpost.jp/?p=134390

CoinPostに掲載された記事を、許可を得て転載しています。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて