コインベースでテゾスをステーキングし、25%の手数料を支払うべきではない

113808993_s.jpg

 コインベース規模の交換所は最低限の手数料を課すべきだ。残念ながらこれは事実とは程遠く、さらに悪化しているようだ。

 特に資産のステーキング(ブロックチェーンネットワークの管理に加わり手数料を得る)については、あまり期待できる状況ではない。

●資産のステーキングにコインベースを使うな

 コインベースは最近、自社ユーザーがオンラインでテゾス<XTZ>をステーキングできるようになると正式に発表した。

 そのために、実際の有効なベーカーとしてコインベースが使われる予定だ。

 コインベースは手数料を最小限に保つのではなく、25%の手数料を課すつもりだ。

 これはどう見ても馬鹿げた金額である。

 このことは、自社プラットフォームで行われる事実上あらゆるものに高額な手数料を課すという同社の慣行に沿ったものだ。

 料金体系がこれほど高額な理由はまだ明らかではない。

 各交換所におけるテゾスのステーキング手数料は全て15%を超えているようだが、これは全く許容できない。

 これは中央集権型の交換所に資金を置くべきではない理由の1つでもある。

 テゾスのステーキングは別の手段でも行うことができ、手数料も遥かに安い。

 例えばステーキング・プールを利用すれば、コインベースを利用するより高い利益を得ることができる。

 全ての仮想通貨ユーザーは、ステーキングについて自分で調査を行う必要がある。

 「利益」のために馬鹿げた手数料を支払うことが、この業界の全てではない。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/no-one-should-stake-tezos-on-coinbase-and-pay-a-25-fee-for-doing-so/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて