JPモルガン、クォーラムをコンセンシスと合併か

75600760_s.jpg

 米国の大手投資銀行JPモルガン・チェースが、BC(ブロックチェーン)部門のクォーラムと大手BC企業コンセンシスとの合併を6カ月以内に発表する可能性が高い。この計画に詳しい人物の話としてロイターが報じた。

 この件に詳しい情報筋がクリプトニュースに語ったところによると、両社はすでにこの契約について交渉しているという。ロイターは情報筋の1人の発言として、合併後はクォーラムのブランドを維持し同技術をオープンソースにし続ける計画だと付け加えた。この合併に関する詳細は提供されていない。

 JPモルガンはイーサリアム<ETH>ネットワークを内部で利用しているクォーラムBCを開発した。一方コンセンシスはイーサリアムの共同創業者であるジョセフ・ルービン氏が設立した。ロイターによると、JPモルガンは約2年間クォーラムの独立を検討してきたという。

 報じられている通り、JPモルガンはクォーラムを用い、300行を超える銀行が参加する決済ネットワークであるインターバンク・インフォメーション・ネットワークを運営している。また、同社はJPMコインの発行にクォーラムを用いるつもりだと発言している。

 一方、2月には、コンセンシスが人員を約14%削減し組織再編を行うと発表。同社は、ソフトウェア開発事業をベンチャー活動から分離する予定で、この縮小により「焦点を絞ったソフトウェア開発企業のニーズに沿う」ことができると述べた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/jpmorgan-might-merge-quorum-with-consensys-report-5754.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて