著名ビットコイン支持者、「リブラは中央銀行に大きな打撃」と指摘

130762929_s.jpg

 フェイスブックが提案しているステーブルコインのリブラ<LIBRA>に関する議論は長い間行われているが、リブラは世界中の国々が独自の中央銀行デジタル通貨を発行しようとする競争も開始させた。

 ポッドキャスト番組「レッツ・トーク・ビットコイン」の最新のエピソードの中で、著名なビットコイン<BTC>支持者であるアンドレアス・M・アントノプロス氏は、リブラのホワイトペーパー、その技術、そして将来におけるローンチの可能性について自身の考えを述べた。

 リブラを支える技術について、アントノポロス氏はリブラは技術面で素晴らしいと述べ、リブラを支えている人々は仮想通貨・BC分野において自分達が何をしているのか熟知していると語った。

 これについて、アントノポロス氏はさらに以下のように述べた。

 「彼らは最も優れた仮想通貨から最高の機能、存在していた最先端の技術のみを入念に選び、そしてそれらを少しだけ進化させた」

 アントノポロス氏によれば、フェイスブックがリブラを扱うことで人々はリブラに興味を持った。「リブラは理想主義で、先進的で、焦点が定まっており、分権的な性質を有しているため人々は興味を持った」とアントノポロス氏は述べた。

 リブラの参入が金融業界に与える影響について、アントノポロス氏は中央銀行はフェイスブックによって大きな打撃を受けると述べ、その理由についてフェイスブックは約20億人のユーザーを抱えており、ユーザーの興味や行動パターンに従ってニーズに応えることができるからだと述べた。

 さらに、アントノポロス氏は以下のように述べた。

 「リブラはまさに政府が消費者にローンに関して尋ねたり、その行動を制限しようとしている国々で、消費者の行動によって直接支えられている通貨バスケットを利用している。これは大きなことだ」

 さらに、ステーブルコインのローンチについて、アントノポロス氏はリブラは銀行を利用できない人を多く抱える国々でローンチされるが、中国では確実にローンチされないだろうと宣言した。

 会話の締めくくりとして、アントノポロス氏は以下のように述べた。

 「私達は通貨の冷戦に突入した。これまで見たことのないような状況として、通貨の間に鉄のカーテンが下ろされる。国家による通貨、企業による通貨、オープンな仮想通貨の進化において、西側と東側で根本的な分断が発生するだろう」

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/facebooks-libra-will-hit-central-banks-hard-andreas-antonopoulos/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて