ビットコインが主要な抵抗を突破、アナリストは楽観的に

83675680_s.jpg

 ビットコインがテクニカル分析で重要な200日移動平均線を1月27日週の早い段階で突破し、アナリスト達はビットコインに強気相場が来ることを表明した。

 ファンドストラット・グローバル・アドバイザーのトム・リー氏は、200日移動平均線を突破したことで、ビットコインが「強気相場に回帰した」ことを顧客に伝えた。ヤフーファイナンスの報道によれば、200日平均移動線を突破した場合には、同線を下回った時よりも、今後6カ月は大幅に上昇しやすいという。

 リー氏はツイッターで彼の分析を伝えており、2020年は「ビットコインにとって大変良い年になる」と述べた。

 しかし、最近のビットコイン価格変動の重要性について指摘しているのはリー氏だけではない。クアンタム・エコノミックスの創設者であるマティ・グリーンスパン氏は、彼のニュースレターに200日平均移動線を突破したことにより、数カ月続いた下落トレンドから抜け出すかもしれない。

 彼は、「両方の抵抗帯を今や完全に突破している」と述べた。

 さらに、グリーンスパン氏は、今回これらの突破が持続的かどうかについて質問した人に対しても返答している。

 「何人かはすでに指摘しているが、今までテクニカル分析上の重要な突破を行った後に逆戻りするということを経験してきた。しかし、今回は異なる。例えば、19年10月とは異なり、より着実に推移している」と述べ、「私のキャリアでは、これまでマーケットからは大きな値上がりを期待されていたが、時間がかかることを見てきた。テクニカル分析で重要な水準を突破して、すぐに下落した場合には、本当にマーケットからの予想通りになるかどうかを信じにくくなる」と彼は付け加えた。

 1月31日10時48(UTC)時点では、ビットコインは9378ドルで推移しており、終日変動は見られなかった。1週間前と比べ13%上昇、1カ月前と比べ30%上昇した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/analysts-optimistic-as-bitcoin-price-breaks-key-long-term-ba-5674.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて