<今日の仮想通貨市況>新型肺炎警戒による逃避資金の流入継続

80861334_s.jpg
 31日午前10時25分現在のビットコイン<BTC>は1BTC=103万5000円前後(過去24時間比2.6%高)、イーサリアム<ETH>が1ETH=2万円前後(同6.7%高)、XRP<XRP>が1XRP=26.5円前後(同4.6%高)などなっている。

 主要な仮想通貨はいずれもジリ高歩調となっている。手掛かり材料は乏しいが、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大による経済活動の停滞を懸念し、逃避資金が流入しているとの見方が根強い。

 一方、仮想通貨関連では新型肺炎による別の影響も出始めているようだ。中国政府が感染拡大のため旧正月の連休を延長し、人々の動きや企業活動の制限を指示しており、中国の仮想通貨マイニング機械メーカーの生産・出荷に遅延が生じる見通しと伝わっている。ビットコインの半減期を控えて需要の高まりが見込まれるところでマイニングに支障がでるようだと、市場全体の活性化に水を差すことになりそうだ。

 このほか、30日にはLINEが独自仮想通貨の「LINK」を4月から日本でも取り扱うと発表した。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて