<今日の仮想通貨市況>ビットコイン100万円台再浮上から軟化

84974939_m.jpg
 30日午前10時25分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=100万9195円(過去24時間比1.10%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万8875円(同2.75%安)、XRP(XRP)が1XRP=25.3円(同2.94%安)など売り優勢となっている。

 29日はBTCがテクニカル指標の上値抵抗水準を上抜けたことや、5月に予定されるBTCの半減期に向けグーグルの「半減期」検索数が急伸しているなど期待買いが膨らみ、BTCは一時102万円に迫る上昇場面があった。ただ、その後の米株式市場がまちまちとなり、30日の東京株式市場が売り優勢で始まるのを背景に、BTCは利益確定売りに押されている。

 このほか、日本ブロックチェーン協会が電子マネー・企業ポイント・仮想通貨の交換の可否に関する最新見解を明らかにしたことや、野村総合研究所<4307.T>らが仮想通貨を投資対象として評価する際のベンチマークとなる「NRI/IU暗号資産インデックスファミリー」を開発したと発表したことなどが話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて