イランが1000以上のライセンスを仮想通貨マイニング工場に付与

iran_104222570_s.jpg

 安価な電力の存在によりイランでは仮想通貨マイニングが人気であることはこれまで明らかであった。最近の動きとして、あるレポートによれば、イランの産業鉱山貿易省は仮想通貨マイニングに関して1000以上のライセンスを付与したようだ。

 これまで許可を受けてイラン全体で活動しているマイニング工場の数は限定的であった。

 ICTギルド組織のAmir Hossein Saeedi Naeini氏はIBENAニュースとのインタビューにおいて、多くのイラン人が仮想通貨マイニング産業に興味を持っていると述べた。

 Naeini氏は以下のように述べた。

 「私達の研究は仮想通貨マイニング産業は国の経済に85億ドルの価値を追加する潜在能力を有していることを示している」

 Naeini氏は電力価格を調整することで仮想通貨マイニング産業を促進し、より多くの収入を生むことができるとも述べた。

 さらに、仮想通貨マイニングがどのように国際的な取引をサポートしているかについて、Naeini氏はほとんどの潜在的な投資家は仮想通貨マイナーにインセンティブを与える隣国に去ったとしている。Naeini氏は高い関税率と厳しい規制によって、現在では大規模な資本家だけが仮想通貨マイニング市場に参入できる状態であるため、イランは小規模な投資家をもっとサポートするべきだとした。

 また、ICTギルド組織は最近、政府が許可を受けたマイナーに対して「非合理的に高い電力料金」を設定しているとして非難し、政府は潜在的に黒字の事業を潰しているとも述べている。しかし、イランのエネルギー省は許可を受けたマイナー用の関税は電力消費の季節パターンを基準にして修正されたと返答した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/iran-issues-license-to-1000-cryptocurrency-mining-firms/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて