ウズベキスタンが仮想通貨トレードへの税免除に門戸を開く

100471711_s_Uzbekistan.jpg

 ウズベキスタンの大統領はウズベキスタン人及び同国に住んでいる外国人に対する仮想通貨トレード及び取引に関する税を免除する法令の草案を発表した。

 以前報道されたように、ウズベキスタン政府は20年になってからマイニングに関する規制とともに新しい法令の導入に積極的である。

 しかし、政府公式ウェブサイトに掲載された文書によれば、この法令草案は早くて2月にも導入される予定であり、1月末に協議期間は終了する予定になっている。

 この法令は「ウズベキスタンにおける(仮想通貨)の流通のさらなる発展のための政策」と題されている。

 この法令の下では、仮想通貨取引は外国通貨に通常課されるような制限も免除されることになる。

 また、今回の法案には提案されている「マイニングプール」に関するさらなる詳細も含まれており、マイナーは割安の電力を使用することができるようになる。マイニングプールの会員になることは義務であり、マイナーらは「ハードウェア能力を組み合わせる」ことを要求される。

 ウズベキスタン政府は緊急事態においては全てのマイニングオペレーションを緊急停止する権利も有することになる。

 この法令によれば、産業的なマイニング企業は「透明性」を提供するために、規制当局に登録し、ライセンスを取得する必要がある。

 また、この法令にはウズベキスタン政府が「ブロックチェーン・バレー」と名付ける、「BC(ブロックチェーン)技術の導入及び(仮想通貨)の流通」を検討している企業のための規制サンドボックスを作る提案も含まれている。

 そして、カルダノの商業化部門であるエマーゴは「ウズベキスタンにおけるSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)及びSTX(セキュリティ・トークン・エクスチェンジ)の法的枠組みの開発を先導」するための取り組みに関してウズベキスタン政府と協議を行っていると報道されている。

 一方で、新しく開かれたウズベキスタン仮想通貨交換所(UZNex)はトルキスタン地域初のライセンスを受けた仮想通貨交換所であるとレグナムは報道している。ウズベキスタン政府は仮想通貨に融和的な新たな政策の一環として上述の交換所に許可を与えた。レグナムによれば、ウズベキスタンのいくつかのトップ大学で多くのBC学科が開設される予定である。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/uzbekistan-to-throw-its-doors-open-to-tax-free-cryptocurrenc-5588.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて