ジャオ・チャンポン氏、直近の提携はバイナンスが「日本でビジネスを行うのを」助ける

binance_116489344_s.jpg

 マルタに拠点を置く仮想通貨交換所であるバイナンスは最近、Zホールディングスの完全子会社であるZコーポレーション及び日本でライセンスを得ている仮想通貨交換所のタオタオと「戦略的パートナーシップ」についての交渉を開始した。

 公式のプレスリリースは以下のように述べる。

 「ヤフージャパンの子会社であるZコーポレーションとタオタオはバイナンスとの議論及び熟慮を継続し、日本のユーザーのために取引サービスをローンチするための準備を始める。バイナンスの最先端の技術を利用しながら、Zコーポレーションとタオタオは日本市場における規制の順守を確実にするために金融庁と協力する」。

 最近行われたラジオでのインタビューにおいて、バイナンスのCEO(最高経営責任者)であるジャオ・チャンポン氏は上述のパートナーシップについて、そしてそれが向こう数カ月のバイナンスのトレードモデルにどうのように影響するかについて述べた。

 バイナンスはなぜZコーポレーションとタオタオを選択したのかについて、ジャオ氏は正式に日本市場に参入するための提携に関してこの2社は最良の企業であったと主張した。

 ジャオ氏は以下のように述べた。

 「私達が日本でビジネスを行い、しっかりとした地位を日本で獲得するのを助けるのに、この2社は最ベストだ」。

 なぜバイナンスは日本で大きな一歩を踏み出そうと決断したのかについて、ジャオ氏は同社はまず日本のビジネス文化に注目したと述べた。さらに、国によってビジネスモデルは異なると認めながら、ジャオ氏は日本の忍耐力と同国での取引の行われ方を見て、バイナンスはまず日本市場を理解しなければいけないと悟ったと述べた。「従がって、パートナーシップだ」とジャオ氏は付け加えた。

 ジャオ氏は続けて以下のように述べた。

 「もしビジネスが上手くいけば、日本の規制に完全に準拠する仮想通貨交換所になるかもしれない」

 ジャオ氏は日本での仮想通貨に関する規制について詳細に語り、日本はデジタル資産をいち早く認識した国であるために同国の規制は他の国々のものとは異なると主張した。

 インタビューの終わりに、ジャオ氏は今のところ日本でバイナンスコイン(BNB)を導入する予定はないと述べた。BNBの導入は「規制当局の承認次第だ」とジャオ氏は述べた。

 それでも、バイナンスは大きなステップを踏んでおり、この記事公開時点でバイナンスは同プラットフォーム上で日本円のサポートを開始したことを発表している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/binances-latest-partnership-will-help-exchange-navigate-through-japan-cz/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて