BTCのボラティリティ、ほぼ全ての暗号資産と同調

105285080_s.jpg

 世界中で地政学的緊張が高まっている。しかし、こうした緊張によってビットコイン(BTC)が変動することに多くの人々が驚いている。世界的な出来事に対しビットコインが反応したのはこれが初めてではない。報道によると、米中間の貿易戦争時にも同じような動きが生じ、ビットコインと人民元との逆相関が強まった。

 当記事公開時点でビットコインは1BTC=8656ドルで取引されており、24時間取引高は206億ドルとなっている。

 ビットコインは直近1週間で11%上昇し、多くの小規模な暗号資産を上回る値動きとなっている。ビットコインの上昇は仮想通貨市場に波及効果を及ぼしたが、独立していくつかの極端な値動きも見受けられた。

 ビットコインSV(BSV)は1月13日に上昇し始め、120.92%という3桁の上昇率を記録した。この急騰によってビットコインSVは主要暗号資産の中で最良の値動きとなった。ビットコインSVは現在、コインマーケットキャップ上で第4位の仮想通貨だ。コインメトリクスのレポートによると、この上昇は「ビットコインSVの積極的支持者であるクレイグ・ライト氏の裁判にまつわる好材料に関する憶測が原因」かもしれない。

 ビットコインSVに続いて、もう一方のフォーク通貨であるビットコインキャッシュ(BCH)は約24%、ライトコイン(LTC)は13%上昇し、過去1週間で最大の値上がりとなった。

 しかしこの上昇は主要仮想通貨だけに限定されたわけではない。ダッシュ(DASH)やチェーンリンク(LINK)などの中規模な暗号資産もそれぞれ30%、25%超上昇した。一方で中規模な暗号資産はここ数週間、イーサリアム・クラシック(ETC)とジーキャッシュ(ZEC)という2つの強力な通貨に左右されている。イーサリアム・クラシックは14%、ジーキャッシュは16%の上昇を記録した。

 しかし3カ月間平均ボラティリティで見ると、多くの通貨が史上最低値になっているか、史上最低値に近づいている。ビットコインのボラティリティは安定し上向いているようにも見えるので、ビットコインはこれには当てはまらない。同レポートではこの要因を次のように説明している。

 「これはレバレッジ商品の拡大と、投資家の関心のビットコインへの集中を反映している。ほぼ全ての暗号資産のボラティリティは現在、ビットコインに同調している」

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/bitcoins-volatility-now-aligning-with-nearly-all-crypto-assets/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて