BTCとアルトコインの強気派、未だもみ合いから脱せず

10945997_s.jpg

 ・ビットコイン(BTC)は現在1BTC=8000ドル越えのレンジ内で取引中。

 ・イーサリアム(ETH)は1ETH=140ドルのサポートを保持、XRP(XRP)は1XRP=0.210ドル越えで売買。

 ・13日、DXチェーン・トークン(DX)は20%超、シンセティクス・ネットワーク・トークン(SNX)は14%近く上昇。

 ビットコインは直近数セッションの間、1BTC=8000ドルと7850ドルのサポートより上でほぼレンジ内の動きとなった。BTC/USDは8250ドルと8350ドルのレジスタンス越えで何度か勢いをつけようとしたが、失敗に終わった。

 同様に、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ(BCH)、バイナンスコイン(BNB)、イオス(EOS)、トロン(TRX)、カルダノ(ADA)、ステラ(XLM)といった多くの主要アルトコインも調整し、次の動きに備えているようだ。UTC(協定世界時)で13日午前9時時点ではETH/USDは1ETH=140ドルのサポートを上回っており、148ドルと150ドルの突破に苦戦している。一方、XRP/USDが短期的に新たに上昇し始めるには、1XRP=0.220ドルの壁を超える必要がある。

●ビットコイン

 ビットコインは1BTC=7550ドルのサポートを維持し、その後7850ドルと8000ドル越えに回復した。しかしBTC/USDは8350ドルに位置する重要な週足のレジスタンスより上で勢いを得られていない。8350ドルのレジスタンス越えで終値をつければ、8500ドルと8700ドルのレジスタンス越えへさらに上昇する可能性が出てくる。

 下方向については、7850ドル付近に主要な週足のサポートが存在する。これを下回ると弱気な地合いとなる可能性がある。次の主要なサポートは7550ドルと7350ドル付近に存在する。

●イーサリアム

 イーサリアムは1ETH=140ドルに位置する週足のサポートより上で幅広いレンジを形成しているようだ。上方向については、145ドル付近が最初のレジスタンスだ。しかし買い方にとっての主要な壁は148ドル付近に存在し、これを上回ると160ドルに向けて上昇する可能性が高い。

 下方向については、140ドル割れで終値をつければ新たに下落が始まる可能性がある。この場合、130ドル圏に戻る可能性が高い。

●ビットコインキャッシュ、ライトコイン(LTC)、XRP

 ビットコインキャッシュは好調で、1BCH=250ドルのレジスタンスより上で取引された。BCH/USDは275ドルのレジスタンスを試し、現在は260ドル越えで値固めしている。下方向に調整すれば、短期的には250ドルを試してから上昇が始まる可能性がある。

 ライトコインは良好な動きで、1LTC=48.50ドルのレジスタンスを超えた。LTC/USDは50.00ドルのレジスタンスも上回った。上値は52.00ドル割れの水準で苦戦しているようだ。52.00ドルを明確に上回れば、55.00ドルへの上昇に繋がる可能性がある。

 XRPはついに1XRP=0.200ドルと0.210ドルのレジスタンスを上回った。XRP/USDは0.225ドルのレジスタンスを試し、現在下方向に調整している。主要な週足のサポートは0.210ドルと0.208ドル付近に存在し、これを下回ると0.200ドルのサポートに戻る可能性がある。上側の主要な壁は0.220ドル付近に存在する。

●13日のその他アルトコイン市場

 直近3セッションの間、DXチェーン・トークン、シンセティクス・ネットワーク・トークン、シアコイン(SC)、メイドセーフコイン(MAID)、ゼンキャッシュ(ZEN)、アイエグゼックRLC(RLC)といった時価総額の小さなアルトコインの一部は5%超上昇した。中でもDXチェーン・トークンは20%超、シンセティクス・ネットワーク・トークンは14%近く上昇した。

 全体として、ビットコインは1BTC=7850ドルと8000ドルのサポートより上の良い地合いで取引されている。しかし短期的に新たに上昇し始めるには、BTC/USDは8250ドルと8350ドルのレジスタンスを超える必要がある。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bitcoin-and-altcoins-bulls-not-out-of-the-woods-just-yet-5503.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて