HEXオーナーが700万ドル相当のETHを現金化

90250186_s.jpg

 ・HEX購入に使われたイーサリアム(ETH)残高の大半が初めに預けられたアドレスから消えた。

 ・作成者のリチャード・ハート氏は問題のイーサリアムへの関与を認めていない。

 ・驚くべきことに、このイーサリアムは現在36個のアドレスに移され、売却されていない。

 ここ数日間で、約700万ドル相当のイーサリアムがHEX購入アドレスから消えた。

●700万ドル相当のイーサリアムが移動

 それぞれ1337イーサリアムが含まれる36件のトランザクションで、HEX購入アドレスに送られたイーサリアム残高の大半が無くなった。

 イーサリアムは現在1ETH=145ドル付近で取引されているので、4万8132イーサリアムは700万ドル弱に相当する。19年12月であれば約550万ドルに相当する量だ。

 しかし、イーサリアム保有者は、今のところはまだこの突然の出金が相場に悪影響を与える心配はしなくてもよい。

 現在、これら36件のトランザクションは36個のイーサリアム・アドレスに落ち着いている。これらは当記事執筆時点でそれぞれ19万2995ドルに相当する。

 このコインの所有者が近い将来に差し迫った法的圧力に直面しない限り、これらはイーサリアムが次の高値を付けるまでコールド・ストレージに留まる可能性がある。

●HEXスマートコントラクト

 HEXの作成者であるリチャード・ハート氏は、イーサリアムを送った人にHEXトークンを渡すスマートコントラクトを作った。こうした形で自動化されたスマートコントラクトを利用することで、ハート氏は一歩身を引いて自身はHEXの販売とは無関係だと主張することができる。

 HEXのイーサリアム・アドレスをハート氏が管理しているか、あるいは誰が管理しているか知っているかと質問されても、同氏は否定も肯定もしない。そうすることで金融当局に法的な突破口を提供することになると理解しているからだ。

 プロトコルの設計によると、ハート氏は流通するHEXトークンの50%超を所有することになるようだ。しかしHEXは1HEX=1サトシ(0.000082ドル)付近で取引されているので、わずかな額の50%だ。

 そのため、HEX作成によって利益を得ようとする人にとっては、積み上げられたイーサリアムが主な収入源となる。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.ccn.com/hex-owner-cashes-out-7-million-ethereum-pile-for-profit-rally/

This story originally appeared on CCN.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて