豪州の森林火災で、バイナンスが100万ドル相当の仮想通貨BNBを寄付

7101423_s_豪森林火災.jpg

●豪州火災、仮想通貨寄付
最大手取引所バイナンスは、現在豪州で起きている森林火災に対して、仮想通貨の寄付活動を起こしている。バイナンス側は先導して自ら100万ドルに相当するBNBを「オーストラリアブッシュファイヤードネーション」に寄付すると発表した。

バイナンスのCZ氏は、今起きている大型の山火事に対して、「このような広範囲に及ぶ火災は心が痛むもの。住民だけでなく、生態系全体に対する被害も甚だしい」とコメントし、仮想通貨業界からの支援を呼びかけている。

大規模な山火事で、これまでに少なくとも20人以上が命を無くし、草原や林など730万ヘクタール近くが焼失。野生生物にも深刻な被害が及んでおり、8000頭のコアラが犠牲になっていると報じられている。

なお、仮想通貨業界以外では、すでに大手企業や著名人なども寄付に動いている。

参考:バイナンス発表

(イメージ写真提供:123RF)

https://coinpost.jp/?p=126278

CoinPostに掲載された記事を、許可を得て転載しています。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて