トルコ、"デジタルリラ"発行の前段階として仮想通貨を規制へ

91761977_s.jpg

 積極的に仮想通貨を規制する国がまた1つ増えた。トルコの新聞であるヒュッリイェトによれば、トルコの主要な規制当局であるCMB(資本市場評議会)がビットコイン(BTC)およびその他の仮想通貨に関する規制の枠組みを20年末までに作る計画を発表した。CMBはこの計画以外の情報を発表していないものの、同機関がビットコインの監視、規制、監査に焦点を当てることは述べられている。

 「トルコ人の45%は将来において仮想通貨を検討している」ことを示したING銀行による研究レポートが発表された後に、上述の計画は発表された。さらに、以前公表されたレポートはトルコ人の20%が少なくとも1つの種類の仮想通貨を保有しているもしくは保有したことがあると主張していた。トルコに仮想通貨を扱うことを定められた法律は存在しないものの、トルコ政府はCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)の試験を20年には終わらせたいと考えているようだ。報道によれば、このCBDCは「2020年次大統領プログラム」に沿って中央銀行が発行する予定であり、トルコ政府はリラを利用した即時決済のためのソフトウェアプラットフォームを開発する予定である。

 しかし、トルコ政府はCBDCのローンチ前に仮想通貨を規制することを最優先にする予定である。多くの目的が存在するが、CBDCは地域経済の強化に大きく貢献するだろう。トルコの官報であるResmi Gazetteが19年11月4日に公表した文書は以下のように述べている。

 「主な目的は低コストで実物部門の金融に関する需要に反応できる強固な組織構造を有した金融部門を確立し、信頼できる機関を通して幅広い投資家層に様々な金融商品を提供し、そして魅力的なグローバル金融センターになるというイスタンブールの目標をサポートすることである」

 トルコはBC(ブロックチェーン)も受け入れており、CBDCの導入は同国のBCに焦点を当てた経済計画の一部である。トルコ政府はBCの利用を輸送部門、税関、公的サービス、そして最近では政府運営においても促している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/turkey-to-regulate-cryptocurrencies-before-launch-of-its-digital-lira/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて