<今日の仮想通貨市況>中東情勢緊迫で逃避資産としての買い

72185855_s.jpg
 6日午前10時15分現在のビットコイン(BTC)は1BTC=80万2600円前後(過去24時間比0.5%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万4700円前後(同4.7%高)、XRP(XRP)が1XRP=21円前後(同0.1%高)などなっている。

 年末年始の仮想通貨は売りがやや優勢となり、ビットコインは80万円を割り込む場面もあったが、3日に米軍がイランの司令官を殺害したことが明らかになるとビットコインなど主要な仮想通貨は切り返した。

 ビットコインなどは発行枚数に上限があることなどを理由に逃避資産とされる側面があり、中東情勢の緊迫化を背景に金融市場で金などに資金が流入するなか、仮想通貨にも資産が流入したとの見方があった。ただ、足元では買いが一巡しており、国内が年末年始の連休に入る前の19年12月30日の水準で落ち着いている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて