ICE、バックトの新CEOと社長を社内から任命

bakkt_115972993_s.jpg

 ICE(インターコンチネンタル取引所)が支援するビットコイン(BTC)先物取引プラットフォームのバックトが、社内から新たなリーダーを選出した。

 ICEは、12月20日付けでマイク・ブランディナ氏をバックトのCEO(最高経営責任者)に、アダム・ホワイト氏を社長に任命したと23日に発表した。これは、創業CEOであるケリー・ローフラー氏が、引退するジョニー・アイザクソン上院議員の代りに米上院議員に選ばれ退社したことを受けたものだ。

 ICEによると、ブランディナ氏はワンマーケット、ウェストフィールド、ペイパル、グーグル、ブラックホーク・ネットワークで指導的役割を果たすなど、決済分野で複数の役職を歴任した25年間の経験を持ち、19年からはCPO(最高製品責任者)としてバックトに在籍していた。同氏はバックトのCEOとして、同プラットフォームの戦略的方向性、決済プロダクト、市場を導き、規制上・財務上の業績を監督する役割を負うことになる。

 ホワイト氏は創業後の18年にCOO(最高執行責任者)として同社に加わった。同氏はバックト在籍前に大手仮想通貨交換所のコインベースで指導的役割を担っており、仮想通貨分野での長い経験を持っている。それ以前には、同氏は米空軍の将官として新型実験航空機の試験を行っていた。ホワイト氏は新たな役職でデジタル資産市場、カストディ、取引、戦略的方向性に注力することになる。

 ICEは最後に、ICEフューチャーズU.S.で取引された現物受け渡しのバックト・ビットコイン先物が「12月第3週に」6226枚の新記録を達成したと発表した。これは、これまでの記録を25%超上回っている。同社は20年に新たな投資商品、拡張されたカストディ・サービス、新たな消費者向け決済アプリを提供する計画を立てており、「他のイノベーションも発表される予定」だ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/ice-appoints-insiders-as-new-ceo-and-president-of-bakkt-5378.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて