SEC委員長が米上院でBCや仮想通貨の問題点について証言

19806446_s.jpg

 SEC(米証券取引委員会)は仮想通貨産業の様々な側面を規制しようと幾度か試みた後、今では同産業に積極的であるように見える。最近、SECのジェイ・クレイトン委員長は米上院銀行委員会の前でBC(ブロックチェーン)及び仮想通貨を含めた複数の問題について証言した。

 メインストリームの企業及びいくつかの国はBC技術の可能性についてこれまで強気であると同時に仮想通貨にははっきりと反対している。BC技術、より具体的にはDLT(分散台帳技術)についてクレイトン氏は以下のように述べた。

 「DLTにおける発展が将来性のある投資機会を機関投資家及びメインストリームの投資家に与え、資本形成を促進すると楽観的に考えている」

 さらに、クレイトン氏はSECは投資家と市場を念頭に置きながら、イノベーション及び資本形成などに取り組むために「慎重だが先を見越した規制的なアプローチ」を取ってきたと考えていると述べた。

 フェイスブックの仮想通貨プロジェクトであるリブラは、その発表が行われてから規制的な障害によって回り道をしている。世界中の規制当局と共にSECはリブラに疑念を表明している。クレイトン氏は今回の証言において、ステーブルコインの発行及びリブラについて強調した。

 「それは米国に存在している。避けるべきではない」

 いくつかのICO(イニシャル・コイン・オファリング)が法的な取り締まりの後に和解に至ることができていない事実について、クレイトン氏はSECは影響を受ける投資家を考慮しながら和解を形成しようとしていると示唆した。しかし、これらの和解は主に支払いによるものであるため、企業の質が十分に良くない場合は機能しないとクレイトン氏は付け加えた。

 クレイトン氏はさらに以下のように指摘した。

 「これに関しては多くのことが起こっている」

 クレイトン氏は民間による仮想通貨に関する問題についてSECは上院銀行委員会と協力すべきだと認めた。

 ETF(投資信託)、特にビットコインETFはSECに継続的に何度も拒否されてからよくニュースになっている。クレイトン氏はSECによる証言原稿通りに、SECがETFの規制を現代化するために現存のルールを修正した新たなルールを公開したことに言及した。このことについてクレイトン氏は以下のように述べた。

 「私の考えでは、これによってETF市場での競争とイノベーションが促進され、また一定の標準化された基準を満たすETFが個別の免除規定に申し込むための時間及び費用をかけずに、より早く市場に流通することを可能にし、最終的に投資家にとっての選択肢が増えるだろう」

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/sec-chairman-highlights-dlt-stablecoins-libra-before-senate-banking-committee/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて