<今日の仮想通貨市況>軟調、FOMC通過も英総選挙などを控え警戒ムード

121732804_s.jpg
 12日午前10時30分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=78万437円(過去24時間比1.37%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万5497円(同2.54%安)、XRP(XRP)が1XRP=24.0円(同1.13%安)など売り優勢となっている。

 11日、金融市場で注目を集めた今年最後のFOMC(米連邦公開市場委員会)で米政策金利の据え置きが決定。FOMCメンバーによる20年の金利見通しも据え置きとの見方が大勢で、当面の米利上げ観測が後退した。これを受け、米株式市場は小幅上昇し、為替市場では小幅にドル売り・円買いに振れた。イベント通過も12日はECB(欧州中央銀行)理事会、英総選挙を控え、主要仮想通貨は積極的な買い手が少ない中でやや軟調な展開となっている。

 このほか、米ニューヨーク州金融サービス局が仮想通貨事業許認可の規定を大幅に見直すと発表したことなど話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて