ビットコインキャッシュ支持者のロジャー・バー氏、グリフィス氏逮捕受け米政府を非難

123389980_s.jpg

 1週間ごとに投稿されるユーチューブ上の動画の中で、ビットコインキャッシュ(BCH)の著名な支持者であるロジャー・バー氏は仮想通貨業界に関連する最近の発展について語った。今回の動画で焦点があてられたのはイーサリアム財団のリサーチサイエンティストであるバージル・グリフィス氏の逮捕であった。バー氏は以下のように述べた。

 「北朝鮮政府はもちろんひどい。私はバジールと同じ会議に招待されたが北朝鮮政府が怖かったために行かなかった。しかし、米国の政府をもっと怖がるべきであったようだ。同じことがバジールにも言える」

 さらに、バー氏は世界をより良い場所にしようとしたことについてグリフィス氏に感謝を述べ、誰もが国家独立記念日よりも自分たちの独立を個人的に宣言できる日を楽しみにしているとも述べた。

 グリフィス氏の逮捕は仮想通貨産業内で騒動をもたらしている。イーサリアム(ETH)の共同創業者であるヴィタリック・ブテリン氏などは公にグリフィス氏への支持を表明している。一方で、ポッドキャスト「Unchained」のホストを務めるローラ・シン氏は「家族と共に、2世代先まで人々を拘束する独裁者に手を貸そうとしていた」としてグリフィス氏を非難した。

 ブテリン氏は以下のようにツイートしている。

 「まず2つの点について述べる。(1)利益相反の公開:バジールは私の友人である。(2)これらの出来事は全くイーサリアム財団と関係ない。イーサリアム財団は資金や補助を全く提供していない。今回の出来事は多くの人が反対したバジールの個人的な旅であった」

 「地政学的に寛容であることは美徳だ。子供の頃から最も邪悪な敵と信じるよう教えられてきた人々の所に行き、彼らの話を聞くことは称賛に値する。もっと多くの人が同じことをすれば世界はもっと良い場所になるだろう」

 また、バー氏はタイのバンコクでのワールド・BC(ブロックチェーン)・サミットにおける、メディアパートナーとしてのビットコイン・ドットコムの役割についても語った。バー氏はエマーゴの吉田洋介氏、Morpheus Labsのブランソン・リー氏、メーカーダオのクレイトン・ロッシュ氏、ダッシュのフェリックス・マゴ氏などを含むこのイベントの著名なスピーカーについて取り上げた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/bitcoin-cashs-roger-ver-denounces-u-s-government-after-griffiths-arrest/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて