ブラジル、たった8週間で250万件の仮想通貨取引

99308120_s_brazil.jpg

 ブラジルでは最近、ビットコイン(BTC)及びアルトコイン取引の申告をトレーダーと投資家に義務付ける税法が導入されたが、同国における仮想通貨の利用率は上昇し続けている。

 報道機関のG1によると、ブラジルの税務当局である連邦歳入庁は19年8月から9月における仮想通貨の税金申告に関するデータを公表したという。

 連邦歳入庁の新たな税金申告法が施行された最初の月である8月には国内で150万件の仮想通貨取引が行われ、9月の取引数は100万件弱だった。

 連邦歳入庁は、これらの取引が2カ月間で約33億ドル相当の契約になる述べた。

 同報道機関は、ABクリプトの別の計算では、ブラジル国民は現在1日当たり約300万ドル相当の仮想通貨取引を行っていると付け加えた。

 ブラジルとBRICSの他の国々は11月、国際決済のための5カ国共同の仮想通貨プロジェクト創設を議論した。

 ブラジル国内では近年、仮想通貨での支払いを受け入れる業者の数が増加しており、ここ数カ月で様々な国際的仮想通貨企業がブラジルをターゲットにした進出計画を立てている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/brazilians-make-2-5-million-crypto-transactions-in-just-8-we-5209.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて