4BTCを失ったライトニングネットワークユーザーが資産を取り戻す

90251873_s.jpg

 以前、ライトニングネットワークの利用に際して、4ビットコイン(BTC)をユーザーが失い、議論が巻き起こった。しかし、その状況は改善したようだ。

 多くの人々はライトニングネットワークがセキュアでないものであることを知り、驚いていた。

・ライトニングネットワークに関する議論をまとめる

 もしユーザーが4BTCにも相当する資産を失う可能性があるのであれば、その技術は使用される準備ができていないことは明らかだ。

 今回渦中にいる1人のユーザーがRedditで、今回の状況について追記しており、ライトニングノード(LND)コミュニティの助けで、失った資産のほとんどは取り返したと述べている。

 今回の出来事の一つの要因は、ユーザー自身がペイメントチャネルを間違った方法で閉じてしまったことによる。多くの貴重な教訓が今回の事件から得られた。

 今回のユーザーはなんとか資産を取り戻して事なきを得たが、ユーザーは、同様の事故が他のユーザーにも起こりうるかどうかについて疑問を持っているだろう。もちろん起こりうる。なぜならペイメントチャネルを閉じることに対しての適切な注意事項を確認している人は多くないからだ。

 今回のユーザーはさらに有用な教訓を示している。仮想通貨に対しては、自らが完全なコントロールを持っており、そのため、ユーザーは常に適切な注意を怠ってはならないということだ。

 今回の件でわかるように、ライトニングネットワークにおいては、注意する、ということが特に重要である。

 ライトニングネットワークは画期的なソリューションであるが、真剣ではないユーザーに対しては、容赦のないソリューションである。

 実際に資産を投入する前にドキュメントをよく読むことから始めるべきだ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/lightning-network-user-recovers-most-of-the-4-btc-presumed-lost/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて