ペイパルCEOは仮想通貨としてはビットコインのみを保有している

128932386_s.jpg

 ペイパルとしての初の仮想通貨産業への参入はビザとマスターカードを含むリブラ・コンソーシアムのメンバーとして始まった。ペイパルはリブラへの支持をすぐに取り止めたが、同社のダン・シュルマンCEO(最高経営責任者)はフォーブスで特集され、自身の仮想通貨への関りを語った。ペイパルがリブラ協会から脱退した主な理由はその大掛かりな計画であり、シュルマン氏によれば、それはペイパルが現在有する計画とは相容れないものであった。さらに、シュルマン氏は以下のように述べた。

 「脱退は険悪な別れでというものでは全くなかった。私達が非常に興味く観察する道を彼らは進んでいくのであり、この先もしかしたらだが、彼らと私達が協力する方法もある」

 さらに、シュルマン氏はリブラと米国の規制当局の間の現在進行中の問題はペイパルが関心を寄せることではなく、またBC(ブロックチェーン)技術は「従来のプレイヤーができないことをする必要が非常にある」と述べた。加えて、仮想通貨は本質的に変動性が大きいため、大抵の場合わずかなマージンで運営しているペイパルを利用する事業者は仮想通貨を好まないようだ。

 BCに関するイノベーションは効率性ではなくアイデンティティに焦点を当てるべきだと主張する一方で、シュルマン氏は以下のように述べた。

 「現在仮想通貨は現金のようであるというよりはコモディティのようである。しかし、仮想通貨が他の手段よりも安定性を有している他の国々や場所での利用ケースも存在する」

 さらに、シュルマン氏は自身が仮想通貨としてはビットコイン(BTC)しか保有していないと述べ、これはアルトコインを保有しないことを選択しているツイッターのジャック・ドーシーCEOと同じである。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/paypal-ceo-owns-only-bitcoin-among-other-cryptocurrencies/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて