会計ビッグ4のKPMGがフィンテックランキングを公開 決済系企業好調・バイナンスもランクイン

117153199_s_KPMG.jpg

●KPMGの2019年フィンテックランキング
ビッグ4会計事務所のKPMGが2019年版フィンテック企業トップ50発表。最新順位では、決済系企業は順位を上げたが、多くの仮想通貨関連企業は順位を落としていることがわかった。

2018年版と同様に、中国のアリババ傘下の決済企業「AntFinancial」がトップ1を堅守。2位はシンガポールのライドシェア兼決済企業Grabで、3位が中国大手EC企業JDのデジタル子会社JD Financeだ。

仮想通貨・ブロックチェーン界隈の企業では、トップ企業の取引プラットフォームRobinhoodは昨年の8位から14位に。中国大手保険企業のブロックチェーン子会社OneConnectが11→18位、ビットコイン関連決済企業Revolutが13→26位、米大手取引Coinbaseが48→34位、そして日本発のLiquidは29→38位と、順位を入れ替えた。

また、新たに最大手取引所バイナンスは「新興企業」トップ50にランクインした。

トップ50にランク入りしているフィンテック企業の多くが中国系企業であり、特に保険や資産運用系企業は今回のリストに入っている。「技術革新は金融セクターに以前よりも拡大している」と、KPMGがコメントした。

フィンテックセクターでも、従来の金融サービスの代替手段としてのオープンバンクなどが人気と需要を見出している点が特徴的だという。

参考:KPGM

(イメージ写真提供:123RF)

https://coinpost.jp/?p=118572

CoinPostに掲載された記事を、許可を得て転載しています。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて