中国版ツイッターの微博がバイナンスとトロン財団のアカウントを停止

weibo_127812864_s.jpg

 仮想通貨界で、いくつかの珍しいことが発生している。各国政府は、この動きを見せている企業の調査くを続けている。

 最近、複数の仮想通貨プロジェクトが所有する「微博(ウェイボ)」のアカウントがブロックされている。

・微博の奇妙な決断

 ツイッターと比較され、中国版ツイッターとも言われる微博は、仮想通貨企業が中国国内のユーザーにアクセスするための手段の一つだ。

 しかし残念ながら、中国政府は仮想通貨企業のことをあまり良く思っていない。

 現在も国内での仮想通貨取引を禁止する動きは続いており、これが今回の微博アカウントの削除につながるのだろう。

 削除されたアカウントはバイナンスとトロン財団の所有するものだった。

 バイナンスは世界最大の仮想通貨取引所であり、世界の各地域に支社を持つ。

 バイナンスは今後、中国市場に焦点を当てることを示唆していたが、もし微博が使用できないのであれば、ユーザーにリーチすることは当初の計画よりも難しいものとなるだろう。

 一方、なぜトロン財団のアカウントが削除されたのかについては、現在のところ、明確な答えは出ていない。

 今回の削除は、どちらの企業も「法と規制を犯した」ために執り行われたようだ。

 将来的に覆されることのないであろう行動に対する説明としてはありきたりなものだ。

 今回のアカウント削除により、バイナンスが行う中国市場の開拓計画に影響を与える可能性があると人々は見ている。

 バイナンスは微博のライバル企業である、微信(ウィーチャット)やアリペイを通してビットコイン(BTC)を購入するオプションを提供する予定だ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/weibo-cracks-down-on-binance-and-the-tron-foundation/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて