Brave1.0リリースで、BATが7%上昇

114454674_s.jpg

 時価総額29位にランクインするBAT(Basic Attention Token)は、プライバシーに重点をおいたブラウザーBraveのバージョン1.0をリリースしたニュースを受け上昇した。

 14日、Braveの独自通貨であるBATは堅調。Braveは、それを用いることでユーザーにBATが付与されるようなブロックチェーン技術を利用した非中央集権的なブラウザー。この記事が発行された時点では、前日比7%、先週比3.6%の値上がりとなっている。また、前月比17%、前年比では10%の上昇だ。

 この動きは、52言語に対応するWindowsやマックOS、リナックス、アンドロイド、iOSに対応したBrave1.0のリリースが公式に発表された次の日に起きたものだ。全バージョンは「Braveブラウザはベータ版だった」が、「すでに世界で870万のアクティブユーザーがいる」。

 Braveソフトウェアの共同創設者兼CEOであり、Javescript開発者、Mozillaプロジェクトの共同創設者であるブレンダン・エイチ氏が作ったオープンソースのバージョン1.0は、以下を含む。

●デバイスフィンガープリントや追跡、侵入的な広告、フィッシング、マルウェア、マルバタイジングを防ぎ、スピードやプライバシー、セキュリティー、パフォーマンス、バッテリー時間を向上させる。

●Brave報酬:ユーザーは広告を見る代わりに、都度あるいは月次で報酬を受け取ることが可能。

●30万超の検証されたウェブサイト:ほとんどが小規模の広告主だが、ワシントンポストやガーディアン、ウィキペディアの大規模な広告主、またユーチューブやツイッター、GitHubなどの開発者も含む。

●Brave広告:ユーザーはBATによる報酬(70%がユーザー、30%がBraveという割合)を受け取り適切な広告を見ることが可能。

●BATの交換:BATはブラウザー内のウォレットに保管され、デジタルマネープラットフォームのUpholdで検証が終わった後に、他のデジタルアセットや通貨に交換が可能。

 BATはニュースにポジティブに反応してきた。7月、Redditユーザー用のボタンを開発したことで、BATは5%上昇した。また、10月、月間アクティブユーザーが800万を超えた後に、BATは10%上昇した。4月に数々の成功を祝い、5月にツイートに対する報酬を出すテストを開始していた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bat-price-jumps-7-on-brave-1-0-launch-news-5073.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて