オランダの裁判所、フェイスブックにビットコイン詐欺の広告削除を命令

99188110_s.jpg

 仮想通貨とビットコイン(BTC)がますます人気になる中で、それらと称する詐欺も増えている。有名人がビットコインと関係している投資を宣伝している写真は何度もインターネット上に登場している。最近の例として、オランダのテレビプロデューサーであるジョン・デ・モル氏がこのような詐欺広告の罠に引っかかった。

 有名人がビットコイン関連の投資を宣伝している広告はフェイスブック上に現れたが、モル氏は自身のそのような広告を見つけた後にフェイスブックに対してその広告を取り除くよう促した。しかし、フェイスブックは再三の要求に応じなかった。

 そして今、オランダの裁判所がフェイスブックに対して偽の広告を取り除くよう命令し、もし取り除かない場合はフェイスブックは110万ユーロの罰金を支払わなければならないと判決した。加えて、モル氏はフェイスブックが彼の個人情報を偽広告に関わっている詐欺者に手渡したと非難した。

 フェイスブックはそのプラットフォーム上における広告の公開に関してポリシーを定めているため、オランダの裁判所は以下のように判決した。

 「フェイスブックは中立的な情報の媒介者であり、従って取り締まることを要求されないという同企業による主張は認められない。フェイスブックはその主なビジネスモデルを形成している広告に関して非常に積極的な役割を果たしているため、上述のような主張はできない」

 報道によれば、フェイスブックはすでに問題となっている偽の広告を取り除いた。

 しかし、今回のような出来事は初めてではない。以前には、マネーセイビングエキスパート・ドットコムの創業者であるマーティン・ルイス氏の写真が同様のビットコイン詐欺を宣伝する100個以上のフェイスブック上の広告に使われていた。

 著名なハリウッド女優であるケイト・ウィンスレット氏さえもこのような詐欺から逃れることはできず、ウィンスレット氏の写真と彼女によるものとされる発言が詐欺コインであるビットコインコードを宣伝するために利用された。ウィンスレット氏はこの詐欺に法的手段で対応した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/facebook-ordered-by-dutch-court-to-take-down-fake-bitcoin-ads/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて