1600万人の顧客抱える大手銀行RBC、仮想通貨に進出か

85962836_s_RBC.jpg

 カナダに本社を置く大手国際銀行のRBC(カナダロイヤル銀行)が、仮想通貨交換所を開設しようとしている。ザ・ロジックが報じた。

 同報道機関によると、RBCはビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)といった仮想通貨を顧客が投資目的で取引できるようにし、店舗やオンラインで仮想通貨を購入可能なプラットフォームを提供したいと考えているという。

 RBCは顧客に仮想通貨の銀行口座を提供する計画も立てていると報じられている。ザ・ロジックはこの交換所立ち上げについて同行にコメントを求めたが、直接的な回答は得られなかったという。

 RBCは米国で仮想通貨銀行業関連の特許を4件登録しており、銀行業へのBC(ブロックチェーン)技術応用の可能性を17年から模索している。

 ザ・ロジックによると、この特許文書と共に提出された添付書類の1つには、次のように記されている。

 「個々のユーザーにとって、暗号鍵の管理や様々な暗号資産での取引は困難な場合がある。状況によっては、暗号資産取引の承認には時間がかかったり、商用システムやPOS(販売時点情報管理)機器が対応していない場合がある」

 ワシントンDCに拠点を置くリモン・ローでパートナーを務めるマーク・カウフマン氏は、「仮想通貨交換所に直接関係した特許を持っている大手銀行は世界的に見ても思い当たらない」と述べた。

 一方、RBCのデビッド・マッケイCEO(最高経営責任者)は19年、トークン化やプライベート・エクイティに関してBCを試験しており「BCは流動性の低い資産をより流動性の高いものにする、未来の機会だ。これは素晴らしいことだと考えている」と語った。

 RBCが仮想通貨交換所立ち上げを進めた場合、すぐにカナダ国内で最も有力で、国際的にも大手の交換所になる可能性がある。同行の最新の四半期報告書によると、19年第3四半期の純利益は25億ドルで、四半期収益は87億ドルだった。同行は第3四半期末時点で1兆ドルを超える資産を保有していた。

 RBCは時価総額で見て世界上位15行に入っているという。同行はカナダ事業の他に、米国における活動で収益の23%を、他の地域における活動で収益の15%を得ていると述べた。

 また同行によると、その職員数は8万6000人を超え、顧客数は1600万人以上だという。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/banking-giant-with-16-million-clients-rbc-goes-crypto-report-5050.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて