ベトナムの仮想通貨交換所VinDAX、ハッキングを受ける

89286269_l.jpg

 過去11年間にわたり、多数の仮想通貨交換所がハッキングされてきた。それらの事件で盗まれた資産の総額は天文学的な数字になっている。

 19年においてもこのトレンドは衰えていない。ベトナムの取引プラットフォームであるVinDAXはサイバー攻撃の被害者となった。

●VinDAX、資産の盗難を認める

 このセキュリティ侵害で約20種類のデジタル資産が影響を受けたと考えられている。同社は被害に遭った資産を公開していないため、それ自体が気がかりだ。

 VinDAXは主に株式取引を提供している企業だ。同社は最近暗号資産分野に進出した。

 同プラットフォームが扱っている取引ペアの多くは、ほぼ時価総額が無い小規模なトークンだ。

 一部のトークンはVinDAX自身が企画したIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)でも販売された。

 推定では、犯人は50万ドル相当の暗号資産を手に入れた可能性があるという。

 これらの資産の一部は時価総額が小さいため、この数値が完全に正しい可能性は低いと思われる。

 19年に仮想通貨交換所がハッキングされたのはこれが初めてではない。一般向けにきちんと報じられた「大規模な」事件は現在7件だ。

 しかし取引プラットフォームがセキュリティ侵害を受けても、その時点では情報を公開しない可能性もある。

 そのため、19年末までにより多くのハッキング被害が明らかになるかもしれない。

 この出来事は、仮想通貨愛好家に対する警告となる。

 完全に自身の管理下にあるウォレットに資産を保管していないならば、いずれかの時点でそれが失われる可能性は常に存在する。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/vietnamese-crypto-exchange-vindax-has-been-hacked/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて