<今日の仮想通貨市況>リップル社のイベント閉幕をきっかけにした売りは一巡

97422046_s.jpg
 11日午前9時55分現在のビットコイン(BTC)は1BTC=99万円前後(過去24時間比2.8%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万1000円前後(同2.5%高)、XRP(XRP)が1XRP=30.5円前後(同0.2%高)などとなっている。前週末に多くの仮想通貨が下落したが、11日未明から持ち直したため過去24時間比では上昇しているものが目立つ。

 7-8日のリップル社主催のイベント「SWELL」閉幕をきっかけにした売りが全体に広がり、多くの仮想通貨が8日夕方から下げ幅を拡大した。XRPなどは売り一巡後に下げ渋ったが、ビットコインは仕掛け的な売りが出たとの見方もあり、ドルベースで一時9000ドルを割り込んだ。

 一方、イーサリアムも8日から9日にかけて、ビットコインなどと同様に下落したが、10日午後に強含んだ。中国政府が「一帯一路」構想の決済手段のひとつとして開発中とみられているデジタル人民元(CBDC)について、イーサリアム共同創設者のジョセフ・ルービン氏が技術的に弱いと指摘したと9日に報じられた。同氏は「イーサリアムはブロックチェーン技術の中で最も強固」とし、中国との協力に意欲をみせているという。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて