ステラの約半数が永久的に消失

115073204_s.jpg

 ステラ(XLM)について少し興奮すべき出来事があった。SDF(ステラ開発財団)は、相当量のステラを流通から除外したと発表した。

 SDFはステラを新たな決済標準にするための活動を行っている。そのために同財団は総供給量の大部分を管理している。これらの資産は無料配布を含む様々な目的に利用される。

●ステラの供給が大きく変化

 SDFは5日にステラの利用可能な供給量が減少したと発表した。この新たな割当により、勢力均衡が大きく変化した。

 この出来事の前には、SDFは運営資金として170億ステラを保有していた。この数値は現在120億ステラに減少している。

 これらのトークンはバーンされ、誰も管理できないアドレスに送られた。問題の50億ステラは2度と誰も利用できなくなった。

 まだ1000億ステラが現存するが、これはコミュニティに向けた強いメッセージとなった。

 このバーンに加え、ステラ・ワールド・ギブアウェイも終了した。さらに、パートナー・ギブアウェイも利用できなくなった。

 どちらのプロジェクトも自然な成り行きをたどったようだ。680億ステラがこれらの事業のために準備されていたが、この資金の利用方法について疑問の声が上がった。

 これらのトークンのうち500億枚もバーンされることが決まった。そのため、現在利用可能なステラは500億枚となる。

 この500億枚のうち40%が流通している。残りはSDFの運営ウォレット、ギブアウェイ・プログラム、パートナーシップ・プログラムに割り当てられる。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/just-under-half-of-all-stellar-lumens-are-gone-forever/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて