香港、仮想通貨業界に大きな動き

82794562_s.jpg

 香港で6日、仮想通貨交換所のフレームワークが公開され、仮想通貨交換は香港証券先物取引委員会(SFC)の規制対象となった。

 SFCの最高責任者であるアシュリー・アルダー氏は、香港で6日に開催されたフィンテック会議で、新しいルールは、カストディ、顧客の要件、アンチマネーロンダリングルール、市場操作の側面をカバーしていると述べた。

 「ホットウォレット、コールドウォレット、フォーク、エアドロップなど、すでになじんでいる多くの新コンセプトにも照準を合わせている。また、取引を行う新しい仮想資産の導入を決定するために、プラットフォームの基準も設定する予定だ」と彼は付け加えた。

 アルダー氏によると、委員会は「多くの仮想通貨プラットフォームオペレーター」を調査し、「一部は我々の規制対象となる可能性がある」と述べた。

 しかし同氏は、この分野の投資に関して、すでに充分な知識を持っていることを明示できるプロの投資家に対してだけ、プラットフォームオペレーターがサービスを提供できるようにすることを強調した。

 この発表は「ア​​ジアにおける金融サービスにとって影響力が大きく、新しいタイプの金融商品として、デジタル資産の受け入れが増えることを暗示している」と、テクノロジー、デジタル資産取引企業であるBCグループCEO、ヒュー・マッデン氏はロイターに語った。

 一方、仮想資産先物契約、特にレバレッジの高い契約を一般向けに提供するプラットフォームに関して、SFCが「非常に懸念している」ことを、アルダー氏は強調した。

 同氏は、「これらのリスクについて、投資家に警告する第2の声明を本日発表する。また、取引を行う仮想資産先物の提供者が、違法行為を行う可能性があることも明らかにする」と述べた。

 この声明はすでに発表されている。

 中国の国家計画立案を行う国家発展改革委員会は6日、除外の可能性のある産業リストから、ビットコイン(BTC)のマイニングを削除したことを発表した。

 これはすべて、中国の「技術革新と産業変革の新ラウンド」において重要なため、中国の習近平国家主席がブロックチェーン(BC)技術開発を加速させるための、最近の動きに続くものとなる。


(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/hong-kong-makes-major-crypto-move-5013.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて