英当局、最新の仮想通貨課税ガイドラインを導入

uk_84297629_s.jpg

 現在、ビットコイン(BTC)の法的地位を英国で判断するのは難しい。新たな課税指針にもまだ明確化すべき曖昧さが残っている。現在のところ、仮想通貨は通貨でも証券でもない。

 世界中の政府は常に、収入から税金を得ようとしている。これは所得税や法人税などに当てはまる。こうしたモデルは全て数十年前から導入されており、想像の余地は全く残されていない。

●英国の仮想通貨課税

 ビットコインとアルトコインについては状況が若干異なる。居住する国によって仮想通貨の法的地位と課税は大きく異なる場合がある。

 英国では少し珍しい展開になっている。HMRC(英国歳入関税庁)が発行した新たな法令によると、仮想通貨は通貨でも証券でもない。後半部分はポジティブだが、若干驚くべき内容だ。

 消費者と事業者は、引き続き自身の仮想通貨ポートフォリオの市場価値を常に記録し続ける必要がある。しかしその利益は印紙税の対象ではなくなる。

 債務取引に使われるトークンはこの例外となる。英国のこの公式ガイドラインによると、こうしたやり取りは引き続き印紙税の対象だ。

 エアドロップやハードフォークしたコインの収益について混乱していた人々にとって、この新ガイドラインは多くの疑問を解決する。

 一方、取引と市場価値を適切に記録するという点においては、消費者と事業者はより多くの労力を求められるかもしれない。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/uk-officials-introduce-streamlined-cryptocurrency-taxation-guidelines/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて