リップル社幹部、米国は中国に「非常に後れを取っている」

33547440_s.jpg

 サンフランシスコ・BC(ブロックチェーン)・ウィークはリップル社の共同創業者兼会長であるクリス・ラーセン氏とアーリントンXRPの創業者であるマイケル・アーリントン氏が揃った際に盛り上がりを見せた。米国の規制当局、そして中国のBCと仮想通貨への関心を語る際に、この2人には熱狂的なXRP(XRP)及び仮想通貨コミュニティに多くの語るべきことがあった。

 ラーセン氏は中国による参入を「巨大だ」と述べ、それは米国の規制当局が「現在とても上手にやっている」ものの「より努力を強化する」必要があることを意味するとも述べた。しかし、アーリントン氏はラーセン氏の発言の後半部分に対しては笑いながら異議を唱え、以下のように述べた。

 「私の意見では私達は米国規制当局の優れた仕事を行う能力もしくはそうする意欲に関して異なる意見を持っている」

 しかし、ラーセン氏は米国をインターネット革命のリーダーと呼び、もし規制当局が存在しなければ状況は異なっていたかもしれないと述べた。ラーセン氏は以下のように述べた。

 「しかし他の相違点として、金融はデータをただ扱う場合よりもずっと複雑であるということがある」。「言葉は限られたことしかできないが、お金は銃弾が買えるのだ」

 インターネット革命時と異なる結果が待っているとしても、米国は「後れを取る危機に直面している」ため、ラーセン氏は米国の規制当局に対して中国に負けないために「努力を強化する」よう促した。また、ラーセン氏はリップル社がワシントンD.C.にオフィスを開くことに関しても語った。アーリントン氏はSEC(米国証券取引委員会)及び規制当局について語り、それらを「米国が仮想通貨産業において競争力を有することを妨げている唯一にして最大の悪」と呼んだ。しかし、ラーセン氏はそのことについてコメントすることを控えた。

 この2人によるセッションの最後にラーセン氏は米国のトランプ政権について語り、最小限の規制で「優れた仕事をしている」と称賛した。ラーセン氏は以下のように締めくくった。

 「認めざるを得ない。フィンテックにとって現在は史上最高の環境にある」

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/ripple-exec-us-is-really-falling-behind-with-chinas-announcement/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて