仮想通貨業界、ビットコイン急騰が操られていたというレポートを否定

100272975_s.jpg

 17年のビットコイン(BTC)上昇は操作されていたと以前論じていた学者らが、それを行っていたのは1人の大口投資家だったと新たに主張した。

 テキサス大学のジョン・グリフィン教授とオハイオ州立大学のアミン・シャムス氏によると、ビットフィネックス上のある匿名の人物は、ビットコインが一定の価格を下回った際に同通貨を上昇させる力を持っていたようだ。ブルームバーグが報じた。両氏は、このトランザクションは最も人気のステーブルコインであるテザー(USDT)に依存していると主張した。

 両氏は17年3月1日から18年3月31日までのテザーとビットコインの取引を調べ、ビットコインが一定の割合下落するたびにビットフィネックスにおけるビットコインの購入が増加していたと結論付けた。

 両氏は、このパターンはテザー新規発行後にのみ生じ、1つの大口アカウント保有者に由来するもので、他の交換所では観測されなかったと主張した。さらにシミュレーションによると、このパターンが偶然に生じた可能性は極めて低いという。

 ブルームバーグによると、両氏は新たな論文(まだ未公開)で、「この1人の大口投資家は市場のタイミングを透視したか、他の小規模な投資家の集合では見られないような極めて大きな影響をビットコイン相場に及ぼした」と論じているという。

 テザーはこの主張を否定し、法務顧問のスチュアート・ホーグナー氏は、不十分なデータに基づいているためこの論文には「根本的な欠陥がある」との声明を出した。同氏は、この研究は「寄生的訴訟」を支援するために発表されたのだろう、と付け加えた。

 10月に報じられた通り、ビットフィネックスとテザーを相手取った大規模な集団訴訟が提起されている。この訴訟では、ビットフィネックスとテザーは仮想通貨市場を操作し「人類史上最大のバブルを」引き起こしたとされている。原告団は、この暫定集団訴訟における被告の法的責任は1兆4000億ドルを超える可能性があると主張している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/a-mysterious-whale-manipulated-bitcoin-rally-in-2017-report-4995.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて