ステラ急伸、コインチェックが12日より取り扱い開始

101841241_s.jpg
 マネックスグループ(8698)傘下で仮想通貨取引所を運営するコインチェックは1日、ステラ(XLM)の取り扱いを12日午後零時ごろより開始すると発表した。コインチェックにおける通貨名は「Stellar Lumens(ステラルーメン)」。コインチェックで取扱う通貨は11種類になる。

 コインチェックの発表を受け、仮想通貨市場ではビットコイン(BTC)など主要な仮想通貨が弱含む中、ステラが過去24時間比で8%高と急上昇した。

 ステラは円滑な国際送金を目的に、リップル社のXRP(XRP)を参考に開発された。従来の国際送金は3-5日ほどかかり、ビットコインでも1時間以上を要するが、ステラやXRPを使えば数秒に短縮できる。XRPとは競合する可能性も指摘されているが、XRPが主に法人を対象とするのに対し、ステラは個人利用を想定している。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて