マスターカードと小売大手トプコ、BC試験事業を立ち上げへ

78041913_s_MasterCard.jpg

 金融サービス大手のマスターカードはフェイスブックのリブラから離脱したかもしれない。しかし同社はまだBC(ブロックチェーン)関連の大きな計画を抱えており、BCを活用した食品サプライチェーンのトレーサビリティ分野に参入しようとしている。

 報道発表によると、マスターカードは米国最大手の小売食品GPO(共同購入組織)であるトプコや、BCプロバイダーのエンビジブルとの提携を開始したという。

 フードシティの参加店舗で試験事業を立ち上げる予定で、BC技術を利用して海産物を追跡し、他の商品への拡大も視野に入れつつサーモン、タラ、エビの「倫理的な調達と環境コンプライアンスへのより良い見通し」を提供する、と同社は述べた。

 マスターカードは、この試験事業にBCを基盤とした独自のプロビナンス・ソリューションを提供すると述べた。

 トプコは10月上旬、食品サプライチェーンのネットワークであるIBMのフード・トラスト・ブロックチェーン・ネットワークに加盟した。IBMによると、BCを基盤とするこのクラウド・ネットワークは、参加する小売業者、サプライヤー、養殖業者、そして食品業界のプロバイダーに食品エコシステム全体から得たデータを提供することで、より優れたトレーサビリティ、透明性、効率性を実現するという。

 マスターカードはさらに、「100件を超えるBC特許」を出願したと述べ、知的財産関連企業のIPRデイリーによる18年の報告書のデータを引用し、自社は「大手BC導入企業の中で世界第3位」に位置していると語った。

 この発表に先立ち、マスターカードは9月、ライバルのビザも資金援助しているフィンテック企業のプレイドに出資した。

 フォーチューンは、マスターカードのクライド・ボスバーグ北米社長が最近次のように述べたと報じた。

 「我々はフィンテック分野に合わせたサービスを提供し、彼らが我々の機能により容易にアクセスできるようにすることの重要性を理解している」。

 ボスバーグ氏は、マスターカードは「資金移動手段の拡大」を目指していると付け加えた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/mastercard-and-retail-giant-topco-to-launch-blockchain-pilot-4943.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて