リブラ協会が米規制に逆らえば、フェイスブックは協会を去る―ザッカーバーグCEO

125925560_s.jpg

 フェイスブックのマーク・サッカーバーグCEO(最高経営責任者)が米議会の前でリブラについて証言するよう求められた理由は、米ドルの地位を脅かすと考えている人もいるリブラのローンチに関するフェイスブックの意図を特定するためであった。ブレイン・ルエットケメイヤー議員が有しているものと似た懸念に関して、サッカーバーグ氏はリブラ・リザーブは主に米ドルによって裏付けされると米下院金融委員会に保証した。そしてザッカーバーグ氏は以下のように付け加えた。

 「このようなプロジェクトは指摘されているリスクとは反対に、米国の金融におけるリーダーシップを拡大するのに重要だろう。ここに座ったまま、イノベーションを起こさなくても米国はいつまでもリーダーであり続けると推定することはできない」

 また、ザッカーバーグ氏はカリブラのデビッド・マーカス氏はリブラのローンチに関してスイスのFINMA(スイス金融市場調査局)と協議を行っているとも明らかにした。ザッカーバーグ氏はもし将来リブラ協会が米国のガイドラインに逆らう決定を行った場合は、フェイスブックは「リブラ協会を去らざるを得ない」と主張した。主題から脱線して、ザッカーバーグ氏は以下のように付け加えた。

 「私個人としては、リブラ・リザーブが具体的にどのように構成されるかということよりも、グローバル決済システムについてイノベーションと開発を行うことにずっとより集中している」

 スティーブ・スタイバーズ議員はフェイスブックは決済システムを通して違いを生むことができる一方で、一から新しい通貨を作る必要はないと強調した。スタイバーズ議員はAML(資金洗浄対策)、BSA(銀行秘密法)、制裁など、リブラ協会が既存の法定通貨を利用することで軽減することができるであろう他の懸念も示した。

 一方で、アンディ・バー議員はリブラ・イニシアチブを支持しながら、中国の加速度的なイノベーションは米国にとって国の安全保障上の問題であり、リブラ・プロジェクトは安全保障状況を改善できるかもしれないという事実を強調した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/facebook-will-leave-association-if-libra-goes-against-u-s-regulations-mark-zuckerberg/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて