BTC、ETH、LTCの価格分析と予想―下落トレンド再び

38885784_s.jpg

 9月に大きく下落した仮想通貨市場が、さらに急落した。人気の仮想通貨、すなわちビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)に目を通し、チャートから何が読み取れるか見てみよう。

●ビットコイン価格分析(BTC/USD)

 BTC/USDペアは直近24時間で大幅に下落し1BTC=8000ドル割れで取引された。これは短期的な下落に対応したボラティリティの高まりが原因だ。BTC/USDペアは8223.64ドルの始値をつけ、その後7969.89ドルの終値を付けた。日中下落率は約3.09%だった。

 この下落は大規模で、恐らく投資家心理は冷え込み他のアルトコインに影響を与えた可能性が高い。当記事執筆時点でBTC/USDペアは7952ドル越えの強固なサポートを保持しているが、このサポートの下抜けに苦労しているようだ。テクニカル指標も弱気のシグナルを反映している。長期SMA(単純移動平均線)は短期SMAより上に位置し、RSI(相対力指数)は売られ過ぎの領域に落ち込んでいる。これは売りが大幅に増加したことを示している。

●ビットコイン価格予想(BTC/USD)

 8000ドル越えで相場が安定しなければ、6000ドルに向けてさらに下落する可能性が高まる。しかしRSIは上向いており、8350ドルへ回復する可能性もある。

●イーサリアム価格分析(ETH/USD)

 ETH/USDペアは1ETH=174.3974ドルのレジスタンス越えの維持に失敗し、日中の強い売り圧力により急落した。また、下降トレンドラインが形成され、弱気のトレンドが裏付けられた。ETH/USDペアは174.5019ドルの始値を付け、その後は弱気のローソク足が続き急落、UTC(協定世界時)で23日午前3時ごろには164.1651ドルの日中安値を記録した。

 この下落によって現在は166.1064ドルで取引されており、24時間下落率は4.9%となった。170.8487ドル越えで中期間値固めし、損失が固まった。現在は165.8885ドルを試しており、ここを下抜けると下落が拡大する恐れがある。上方向への調整については、短期SMAを明確に上抜け167.2595ドル越えで終値をつける必要がある。

●イーサリアム価格予想(ETH/USD)

 大半の指標は現在、弱気のサインを出している。長期SMAは短期SMAの上に位置し、RSIは現在売られ過ぎの水準を下回っている。150ドルに向けてさらに下落する前に、短期間値固めする可能性が高い。

●ライトコイン価格分析(LTC/USD)

 LTC/USDペアも過去24時間にわたって売り方が猛威を振るっている。同ペアは1LTC=54.8037ドルの始値から上昇した後4.3%下落。現在は52.448ドルで取引されており、ライトコイン市場では損失の声が上がっている。残念ながら下降チャネルが形成されており、買い意欲の急増が示唆される。

 テクニカルを見ると売り方が支配権を握っているようだ。2本の移動平均線は弱気のサインを出しており、売られ過ぎの領域にあるRSIも同様だ。しかしRSIが50を上回れば、55ドルを超える可能性がある。従って、チャネル上限を超えれば強気のトレンドが生じるかもしれない。

●ライトコイン価格予想(LTC/USD)

 RSIは現在上向いており、短期的には60ドルに向けて上方向に調整する可能性が高い。逆にチャネル下限を下抜けると、40ドル割れへの下落につながる恐れがある。

(イメージ写真提供:123RF)

https://nulltx.com/btc-eth-and-ltc-price-analysis-and-prediction-crypto-market-resumes-downtrend/

This story originally appeared on NULLTX.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて