テレグラム、グラムのリリースを最低6カ月延期か

102537818_s.jpg


 大きく期待されているテレグラムのTONネットワークの立ち上げと、グラム(Gram)トークンのリリースは、「6カ月から1年」遅れる可能性があると同プロジェクトの投資家は語った。

 フォーブスロシアによると、17億ドルの同プロジェクトに関して2人の投資家は、テレグラムがリリースを「最低でも6カ月」遅らせることをすでに認めているとメディアに伝えた。

 テレグラムは10月31日の立ち上げを目指していたが、先週、米証券取引委員会(SEC)が、チャットアプリプロバイダである同社に停止命令をした。グラムのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の第2ラウンドは 「合法的ではない」とのことだった。

 「ロシアのマーク・ザッカーバーグ」と称される同社CEOのバーベル・デューロフ氏は、10月24日の法的なヒアリングのため、SECから呼び出された。

 同情報筋によると、テレグラムはヒアリング後まで、メディアや投資家へのさらなるコメントを控える予定だという。

 ロシアのイタルタス通信(Tass)は、TONの投資家グループと連絡を取っている仮想通貨専門家と話し、この遅延は最大で1年続く可能性があると述べた。

 フォーブスによると、トークンが最終的にリリースされるまでの6カ月以上の間に、「デューロフ氏のチームは、SECとの全論争を解決できると確信している」とのことだ。

 一方、イタルタス通信は、「投資家によると、TONの販売を6カ月か1年延期する可能性が現在議論されている」と述べている。

 弁護士によると、デューロフ氏のチームは39の米投資家に、投資を返還することで問題解決できると認識しており、その後SECの承認有無にかかわらず、トークンの販売を進めることができると主張している。

 しかし同社は、SECから課された罰金に合意した、EOSオペレーターのブロックワン(Block.One)の最近の事例に影響を受けているかもしれない。ブロックワンは、SECが未登録ICOとした17年から18年に調達した40億ドルのうち、わずか1%の支払で済んだ。


(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/telegram-to-postpone-gram-release-by-at-least-six-months-4865.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて