<今日の仮想通貨市況>堅調、リブラ協会からの脱退相次ぐも市場は反応薄

127469745_s.jpg
 15日午前9時55分現在の主要な仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=91万円前後(過去24時間比1.1%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万円前後(同2.9%高)、XRP(XRP)が1XRP=32円前後(同6.9%高)などとなっている。

 主要な仮想通貨は底堅く推移し、特にXRPが上げ基調を強めた。XRPは11月に控えるリップル社のカンファレンスに対する期待が根強い。一方、ビットコインは11日の日本時間昼すぎに約2週間半ぶりとなる8700ドル台を回復したあと手じまい売りなどに押されて失速。週明け14日の早朝には8300ドルを割り込んだが、XRPの堅調推移にけん引される格好で持ち直した。

 なお、11日に米フェイスブックが開発中の独自仮想通貨リブラ(LIBRA)を支援する団体「リブラ協会」から、米ビザや米マスターカードなどが脱退を表明したが、ビットコインなどに目立った動きはみられず、仮想通貨市場の反応は限定的だった。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて