ヒュンダイのBC・仮想通貨子会社が1000万ドル投資、メインネット立ち上げ

40097264_s_Hyundai.jpg

 ヒュンダイ財閥のBC(ブロックチェーン)・仮想通貨部門であるHdacが、同業界に1000万ドルを投資すると発表した。この資金はメインネットやDapp(分散型アプリケーション)サービスへの支払い、新興企業への出資、そして「仮想通貨報酬システム」によるトークン・エコシステムの構築に使われる。

 Hdacは、20年第1四半期中にメインネットを立ち上げたいと述べ、ヒュンダイの中核事業である自動車と建設でBC技術をどのように採用したいと考えているのかその詳細を明らかにした。

 Hdacは以前、欧州の子会社を通じ仮想通貨を発行していたが、現在はそのBC事業を次の段階に進めようとしているようだ。これは韓国の他の大手企業(LGやカカオなど)によるメインネット立ち上げに応じたものだ。

 Fnニュースによると、Hdacの韓国事業責任者であるジュ・ヨンワン氏は「カカオのクレイトンといった既存のBCサービス提供会社との協力」も視野に入れていると述べたという。

 HdacはBC育成事業の設立も目指している。ジュ氏は次のように述べた。

 「金融企業と共同基金を設立し、小規模だが有望なBC企業を見つけ出し育成する計画だ」

 ジュ氏は、Hdacは特にBC技術を金融業界に応用しようとしている企業の育成に力を入れていると付け加えた。

 同氏は、ヒュンダイの建設部門であるヒュンダイBS&Cは、自社が現在韓国で建設中の集合住宅にBC技術を取り入れる予定だと説明した。ヒュンダイBS&Cは各部屋にBCを用いた壁掛けコンピューター端末を設置する予定だ。同社はヒュンダイ自動車部門向けのPoC(概念実証)も利用する計画で、スマートホームやスマートシティの運営にBC技術を適用したいと考えている。

 Hdacは9月、BCを用いた新たな本人確認プラットフォームに取り組んでいると発表した。

 さらに、ヒュンダイの電子決済部門であるヒュンダイペイは19年、「BCに基づくフィンテック事業の拡大」を目指してBCに好意的な新CEO(最高経営責任者)を任命した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/hyundai-blockchain-crypto-affiliate-to-spend-usd-10m-launch-4802.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて