<今日の仮想通貨市況>米景気不透明感で軟調

7522058_m.jpg
 4日午前10時45分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=87万5078円(過去24時間比2.34%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万8650円(同3.06%安)、XRP(XRP)が1XRP=26.5円(同1.79%安)など売り優勢となっている。

 3日、米9月ISM(サプライマネジメント協会)非製造業景況指数が市場予想を下回り大きく悪化。リスクオフの流れから米株は一時急落し米金利低下が進行、逃避資金は金先物に向かった。BTCなど主要仮想通貨は金と同様に金利が付かず、金利低下局面では逃避資金の受け皿になりやすい面もあるが、ISM非製造業景況指数を受けては売りで反応。ただ、その後は株価の切り返しに合わせ、買い戻しが入った。

 このほか、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁が、各国中央銀行によるデジタル通貨発行は避けられず、いずれ米国も着手したほうがよい旨を明らかにしたことが話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて