スプリングの次、リップルの開発者向けプラットフォームを発表

103242264_s.jpg

 リップルは、現在の情報のように価値を移動できる世界を実現しようとしている。このビジョンはIoV(価値のインターネット)として知られ、国際決済ネットワークのリップルネット構築から、パートナーシップと投資を通じ革新的なBC(ブロックチェーン)プロジェクトの拡大を支援するスプリングのようなイニシアチブの確立まで、我々のあらゆる活動の原動力となっている。

 本日(10月2日)、スプリングの新たな展開、すなわち通貨のための開発者向けオープンプラットフォームを発表しワクワクしている。リップルネットが金融機関向けの国際的ネットワークとして成長しているように、スプリングは開発者向けの国際的ネットワークとなる。

 この新プラットフォームは、XRPレジャーとILP(インターレジャー・プロトコル)を用い、あらゆるネットワークにおける任意の通貨での送金と受領を開発者が容易に行えるようになる一連のツール、サービス、プログラムを提供する。端的に言うと、スプリングは通貨をアプリに組み込む際の面倒さを取り除く。

●経済的価値を切り開く

 今の決済は時代遅れだ。着金には何日もかかる場合があり、縦割りのネットワーク内で処理されている。伝統的な決済ルートは何十年も前に構築されており、信頼性があり、高速で、使いやすく、低コストな決済を求める現代の企業や消費者の需要を満たしていない。今こそ変化の時だ。インターネットが情報の民主化で経済成長を切り開いたように、IoVは通貨への国際的アクセスとそのデジタル化を通じて経済的価値を切り開くだろう。

 過去5年間にわたって、インターネットは成熟した経済におけるGDP(国内総生産)成長の21%に寄与している。ある国では、電子決済が1%増えるごとにGDPが1000億ドル増加している。我々は、現在進行中の国際決済業界の変革は、インターネット成長期のように巨大で影響力の高い事業を作り出すチャンスを提供すると考えている。

 IoVは、世界中の何十億人もの人々が即時に取引を行えるようにし、銀行口座を持たない何百万人もの消費者の金融包摂を高め、全く新たな事業と業界を生み出す可能性がある。しかし、IoVを活気づけるために、開発者コミュニティはより多くのものを必要としている。

●開発者エコシステムを通じたIoVの実現

 我々はスプリングによって、あらゆる決済ネットワークでの即時送金が実証されている技術を開発者が簡単に利用できるようにしている。

 XRP(XRP)は上位デジタル資産の中で最も迅速でスケーラブルな決済が可能で、リップルネットを通じた国際決済という代替的な価値の保存手段以外の実証されたユースケースを持つ。ILPと組み合わせることで、XRPはあらゆる法定通貨やデジタル資産を橋渡しし、ユニバーサルでユビキタスな決済手段を作り出す。ILPで開発を行う開発者は無限のスケーラビリティを経験し、1つの仮想通貨台帳に縛られることはない。ILPとXRPを併用することで、BC間のトランザクション、少額決済、メディアやゲームといった多くの業界でのウェブ収益化の取引が可能となる。

 しかしこれは始まりに過ぎない。スプリングはこれらの技術をさらに改善・発展させ、現実の問題をより速く解決する手助けをするための支援やパートナーシップを開発者に提供する予定だ。XRPとILPの本当の力は、高速で低コストな決済技術を中心とした開発者エコシステムの成長によってのみ実現される。

●今すぐ参加

 変化は単独では生じない。リップルは開発者やそのコミュニティ全体と提携し、これらの技術を普及させIoVを実現する手助けをする。我々は、IoVを利用しその一員になりたいと考える開発者のニーズに応えるためのプロダクトを開発している。

 これはコミュニティに対する参加の呼びかけだ。XRPレジャーの新たなユースケースのための機能開発。ILPでの試験的な送金。スプリングSDK上での開発。バリデーターの実行。これらは業界が共に前進し続けるための1つの方法に過ぎない。

 XRPチャットフォーラムで意見を共有し、スプリングのチームに連絡して欲しい。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.ripple.com/insights/announcing-the-next-chapter-of-xpring-ripples-developer-platform/

This story originally appeared on Ripple Insights.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて