イーサリアム、再び180ドルを下回る

90250186_s.jpg

 仮想通貨の先週の主な変動の後、今週はさらに別の動きが見られ、イーサリアムは180ドルを下回っている。

 ビットコイン(BTC)は先週1万ドルを下回り、その後さらに8000ドルを下回ったため、アルトシーズン(アルトコインが上昇する)の希望は打ち砕かれてしまった。アルトコインも落ち込み、価格の上昇と下落が数回繰り返されている。最初の急落後、イーサリアム(ETH)は221.40ドルから大きく下落し、9月の上昇分すべてを失った。

 イーサリアム(ETH)は9月27日、6%高の175ドルに上昇した。その後クリプトバース(Cryptverse)では、目立たない程度の変動や修正があった。イーサリアムは9月30日に記録された167ドルへと徐々に下落、10月1日には184.8ドルに跳ね上がった。しかし2日には、180ドルを下回り177ドル(8時39分UTC)で取引されている。週間では8%高となったが、1日で1.6%失った。Sentscoreも先週24.2%(3番目に高い値)下落した。

 損失に関しては、時価総額上位10までの仮想通貨はすべて、過去24時間で損失を示している。最大の損失はビットコインSV(BSV)が4.36%安、最小ではライトコイン(LTC)が0.95%安となっている。7日間での状況はやや異なり、6種類の通貨がステラ(8.52%)に率いられて価格上昇しているが、ビットコインSV(2.82%安)は再び最大の損失となっている。

 しかし、イーサリアムは9月、勝者として6.61%高となり、上位10通貨の中で唯一上昇した。
 
 一方でビットコインは2日、1週間で1.56%安の8268ドルとなり、過去24時間で1.77%安だった。


(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/ethereum-price-falls-below-usd-180-again-4778.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて